モバイルバッテリーの選び方

Filed in 未分類 コメントは受け付けていません。


このブログではダイエットのコツについていろいろ書いています。

けっこう真面目に書いているつもりですが…
なんだかんだいって結局はやる気なのです。

人間は目標を決めることで自らを追い込む生き物だと思うのです。

だから、やりたくないことも目標を決めてみましょう。
そうすればとりあえず始められます。

でも、だいたいがその目標を達しなくてもそんなに損害がないので、
途中でやめます。

じゃあ、どうすればいいのか。

ダイエットをするのではなく運動や食事制限を楽しむようになればいいのです。

食事制限ならどんな作り方をすれば空腹を抑えられ、なおかつおいしく食べることができるか。

人間は考える生き物です。
考えながらなにかをすることで脳にもいいですし、
楽しむことができて、その先にダイエットがあります。

例えば、私も最初は痩せようと思って、
ランニングを始めました。

2週間くらいして飽きが来そうでしたが、
ジョギングのアプリや音楽を聞いたりして、
それが活力となり、
3か月したら、逆に走らないとなんだか気持ち悪くなってきました。

そして半年すると走るのが楽しくなってきて、
走り方やストレッチ方法など考えるようになりました。

いろいろ工夫すること。
それが大事なのです。

そういう意味でiPhoneなどはいろいろなアプリがあるので、
運動にはうってつけです。

私はゲームやアプリ、音楽などガンガンiPhoneを使うので、
モバイルバッテリーを愛用しています。

モバイルバッテリーにもいろいろありますが、
私のはジャンプスターターとしても使えるのでかなり使えますよ!

ダイエットにおける運動の仕方その2:NEATについて

Filed in NEAT | ダイエット | 運動 コメントは受け付けていません。

前回の記事の続きで、
ダイエットを目指すかたたちにオススメの運動方法について説明します。

まず運動を始めると決意するまえに、
食事の管理が出来ているか確かめてください。
運動は食事が管理できた上で、補足的に使うものです。

さて、今回はNEATというコンセプトを紹介したいと思います。
NEATとはNon Exercise Activity Thermogenisisの略です。
これは「運動」以外の活動で消費するエネルギーです。

NEATはあんまり「運動」として意識しない分続けやすく、意外と消費カロリーが高く
かなり効果的です。

「アイデンティティ」の確立に結びつくのですが、
もっとアクティブなライフスタイルを改善していくのです。

私が思うに一番楽しい運動法は「ショッピング」です。
その理由は大きなショッピングモールの中で欲しいものを探してたり、
似合う服を探すのに意識が行ってるので一日中歩き回ってもさほど苦痛でもないのです。

一時間歩いたとして大体200キロカロリーを消費します。
ショッピングを楽しんでるときは4時間とか普通に歩いてしまいますよね。
それにモールに辿り付くまでの時間を考えると、5~6時間分の「ウォーキング」を行っているわけです。
楽しみながら1200キロカロリーを消費できるのって、ジムの有酸素運動マシンではなかなか出来ないことですよ!

これこそ運動と快感の関連付け何です。

遊園地も同じですね。
唯一の落とし穴は売店やレストランの誘惑です。
ここは割り切って自分のアイデンティティを見直して以下のことを自分に言い聞かせてみてください。

「アイス舐めながら歩き回る、ガキみたいなことなんてしない」
「お菓子なんて幼児が食べるものだ」
「ファースト・フードは添加物とトランス脂肪酸で死にたいバカが食べるものだ」

過激なくらいがちょうど良いのです。
そのほうが身に染みて効果的なんです。

また車通勤をしてる人は
思い切って電車に切り替えてみてはどうでしょう。
必然的に歩くことが増えて、毎日の消費カロリーが上がるのです。

電車のなかでもスマホでDVDを見たりして、
「電車を乗る = 大好きなDVDを見る時間」と関連付けを行います。
そうすれば電車通勤が苦痛ではなく、
楽しく感じるはずです。

スマホでDVDを見る方法は以下のサイトを参考にすると良いでしょう。

dvdコピーソフト.net
たまに電車の中で映画をみるの、なんだか人目を気にしちゃう・・・
何ていう人もいます。

割り切っちゃってください。
「私は電車の中で映画を見る人だ」っていう風に。

周りは人は大体自分のことしか考えていませんし、
あなたが何処で何を見ようが気にしてる人なんてそもそもいないです。
そんな人がいるとしたら相当ヒマか他に重要なことを考えることがない哀れな人です。
得に日本人社会の中で電車のなかであなたにツッコミを入れてくる見知らぬ人なんていません。

少し過激だったかもしれませんが、
自分にそう言い聞かせたほうが身に染みますよw

他にも
「私はずっと座っていられない人なんだ」
「ずっと家にいることが出来ない、ハイパーアクティブな人なんだ」
「家にいるときは音楽掛けて思いっきり踊ることがすき!」
何ていうNEATを上げてくれる「アイデンティティ」と取り入れてみましょう。

ダイエットで「アイデンティティ」の確立の大切さをお分かり頂けたでしょうか。
NEATを上げる、食事法を変える、運動を始める、全ての中心に
新しい「アイデンティティ」が確立されてることが重要なのです。

「本当は何々がしたいのに、無理して運動してる」
なんて考えながらダイエットしてたんじゃ100%失敗しますよ!

逆に「アイデンティティ」がしっかりしてれば
「私はこういう人だから!こうなるんだから!」と何事にもちゃんと理由ができて、
長く続けられるのです。

ダイエットにおける運動の仕方その1

Filed in ダイエット | 運動 コメントは受け付けていません。

とある事情で体重を落とすことにしました。
ベスト・ボディの大会に出たいと思い、
体重を落として、腹筋が切れに見えるまで体脂肪を削ぎ落とすことに。

ジム通いはもう数年やっていますし、
ある程度の筋肉も付いています。
しかし普通の人の身体よりちょっとフォルムが良い程度だったので、
プールや海で目立つようなスタイルを目指すべく、
まずは大会という目標を立ててスタートすることにしました。

今迄色んな方法でダイエットを試みてきました。
一日7回ちょびちょびと栄養を摂取すやりかたから
数日何も食べないという過激なものまで。

やせたり、太ったりを繰り返し、
やっと今の方法が一番順調だと感じたのでザックリと説明します。

まずダイエットは基本的には「運動」と「食事」という
二つの要素で考えるのが一般的ですけど、
私は「アイデンティティ」というもっと大事な要素が絡むと思います。

これはどういうことかと言うと、
数あるダイエット法のなかでも持続性とライフスタイルの改善が
最も重要だと思うからです。

どんなダイエット法でも、がむしゃらに短期間だけ頑張っても
絶対辛くなって結果を維持できなくなりますし、「続けられる」自信がなくなって
結局失敗に繋がるからです。

後ほどもっと詳しく書きます。

まずは単純に運動の話をします。

ダイエットを決意してランニングを始める人が多いですが、
これは色んな意味で間違いです。

運動を続ける上で1番重要なのは、運動と快感の関連付けです。
長距離走って「ランナーズ・ハイ」を体感して、これが何より気持ち良いと思えれば、
続けられます。或いは「走ってる自分=最高にカッコいい」と思えるような場合でも良いですw。

筋トレも同じです。筋トレをしてる時にパンプによるエンドルフィンの分泌を感じ、
最高に気持ちい感覚が掴めて、「筋トレしてる自分=カッコ良い」と思えるような人しか何年も続けられないのです。

そして運動して得た結果を褒められたりしたらよりモチベーションが上がりますね。

しかしおそらく多くの人はそのような関連付けが出来なく、
「辛い、続かない」という感覚だけになってしまいます。

運動で消費できるカロリーは限られています。
長期的に続けられないものは最初っからやる意味がないのです。

この運動と快感の関連付けについてですが、
私はどうしても有酸素運度が嫌いでした。
そこで無理やり有酸素運動と快感を関連付けることにしました。

エアロバイクを一定のペースで乗りながら、RPG系のゲームをやることにしました。
地道な作業を飽きずに続けられるRPG系のゲームは何時間も没頭できるものなので、
気づくと2時間ぐらいずっとバイクこぎっぱなしになるのです。
ゆっくり目に走っても600キロカロリーぐらいは消費しています。

家にそういうマシンがない場合はジムで携帯ゲーム、
またはスマホでDVDを見たりして運動することをオススメします。
スマホにDVDの取り込み方はここを参考にすると良いでしょう。

dvdコピーソフト.net

スマホに入れるDVDは適当に目の前に流せるものだと、
DVDを見てる快感より運動の苦痛に集中してしまいます。
好きな映画、好きなアーティストのライブ映像などのポジティブな感情が得られる映像や
興味のあるトピックのセミナーなど、映像に没頭できるような物にしると効果的です。

しかしダイエットの運動における法則は以下の通りです。

アイデンティティ ⇒ 食事制限 ⇒ 運動

まずはダイエットを始める理由、覚悟、理想を思い描き、アイデンティティをしっかり持ち、
食事法を改善した上で、補足的に運動を取り入れましょう。

次回の記事でもダイエットの運動について書きます。

, ,

TOP